2007年 06月 06日

KONA Jake

自分の行動範囲で、Jakeに遭遇したのは約1年前にそれと知らず声をかけた Jake the snake乗りのただ一人だけ。
他者と車種がかぶらないのは喜ばしいことだけど、あまりに少ないと寂しかったりもする。




 Jakeはシクロクロス入門車、ツーリング車とカテゴライズされている。
価格帯もロードバイクでも入門車、MTBでいえば入門車からちょっと毛が生えたくらい。
e0123825_7592891.jpgメーカーホームページを見れば明らかだが、購入当時、この価格帯のフレーム素材は6000番代のアルミ(加熱硬化性ではない)が主流だったのに対し、7000番代のより硬いアルミのダブルパテッド、ひとつ上のグレードの素材だ。
 フロントフォークはアルミではなく、クロモリのトリプルパテッドを使っている。
新鋭のフロントフォークはカーボンだろうが、この価格帯でカーボンフォークはありえないし、仮にカーボンフォークだとしてもコスト的に品質に不安だろう。
 ホイールはリムのニップルホールにアイレットがあるタイプで強度が高いタイプ。フロントハブにディオーレ、リアハブはソラ。入門グレードではあるが、このグレードにありがちなオリジナルハブなどと称するコストカッターな部品ではない、良心的なセレクトだと思う。
サドルもWTBのロケットVコンプを奢っているし、シートステー、ステムはイーストン。
05年式のチェーンリングは48T/38T/28Tのトリプルで、ロードにおいてはコンパクトクランク系でクルクル回せるし、オフロードにおいてはこの軽めのギアのほうが適正に思われる。
 フレーム、フォークの材質、パーツのアッセンブリの詳細をながめると、 コストパフォーマンスも高い方だろう。
 デザイン的には、リジットのMTBのフロントフォークの様なストレートフォークに強度の高いディオーレのハブの組み合わせが気に入っている。
ハードな下り系のMTBを作るメーカーの匂いがしているではないか。

KONAのバイクの実績はしらないけど、マーケット思考でないバイクを作ってる、カタのはまってない感がしておもしろい。

 
[PR]

by jake490 | 2007-06-06 01:05 | プロフィール


<< もう痛くない!?      多摩川ゼロポイント ふたたび >>