2017年 04月 09日

春から始める自転車活動は、自転車に乗らずに雨の総会

ナンダカンダいってもサラリーマンなので、お仕事が沢山あることは喜ばしいことなのだが
予想以上に厳しい要求なお仕事が重なって、未だに自転車に乗れず
んで、今日の西多摩マウンテンバイク友の会の総会の日となった。

e0123825_16192871.jpg

今日の西多摩マウンテンバイク友の会の総会も、あわやドタキャン。
中沢さんに、自転車に乗らずに何やってたの?歩いてたの?
と、一発かまされてしまったw

最初の目論見は、総会の後、友の会のアテンドで、軽く里山ライドに参加して
錆びついて眠っている感覚を呼び戻そう、と思っていたわけだけど
そんなわけで家事のサポートが滞っているものだから、トンボ返り。
午後のライドを楽しみにされていた皆さんには申し訳ないが、
ワタクシ、ちょっとライド出来ない悔しさ半減。ワルよの〜〜〜〜〜


何度かブログで書いたと思うが、自転車に乗れる時間が激減
というか、今迄恵まれすぎてた帰来もある。
法政大学でMTB講習会などを受講し始めて、
里山を走れることのありがたさをより痛感することになった。
与えられた時間が少ないのなら、自分も楽しみつつ
何かしらの恩返しというか、こういう環境を子どもたちに残さないとナとか
自分本位に言えば、楽しい里山ライドをいつまでも。

なわけで、随分と前から地域に親和を図りながらMTBの理解と普及に活動していた
地元の西多摩マウンテンバイク友の会のドアを叩いたわけです。

駄菓子菓子、ドアを叩いて覗いたのはいいけれど、その日一回かぎりで
家族のこととか、たまにお仕事とかで追われに追われ、全く参加できなかった。
まさに絵に描いたような幽霊部員。

というわけで、せめて終わりで始まりでもある総会で、一年の総括をうかがい、
先一年の活動目標を伺うことをスタートとしたい。

まあ、ドタキャン寸前でしたけど
実は、ぶっ倒れて微動だにしたくないフィジカルとメンタルなのだけど
しっかりと考えてしっかりと遊ぶ人たちを目の前にしてよかったナ

総会の締めくくりのスライドムービーのあと、目頭を熱くしてた中沢さん。
ワタクシは見逃さないよ。
真剣に頑張っている人の涙はね、真剣に頑張らないとあの涙は出てこない。
それだけでも大きなモノをワタクシの胸にドンと。

MTBにかぎらず、締めくくりに熱いモノがこみあげるような一年にしよう。

で、まずは疲労困憊から回復せんとナ。






[PR]

by jake490 | 2017-04-09 16:24


<< トレイルの入り口      ハワイアンキルトのキット作りの... >>