2017年 02月 25日

多摩動物公園へ

今日は何かしら用事があるものの、朝はゆっくりできると思いきや
息子は休日出勤で、平日と同じ通常運転な朝
案の定、家事をさっさと済ませたら、買ったばかりのデジイチを振り回したい家人
これまでXQ2でもっとも不満だった望遠側をバリバリ使いたいわけでありまして
そうなると、もっともヨロシイのは、隣の多摩動物公園へ GOなのでありました。

e0123825_01415837.jpg

子供を連れて何度も来園したことがありますが、動物の写真を撮るために訪れたことはなく
また、中望遠レンジまでのX30がもっとも長いレンズなワタクシには
動物写真が、ドコまで撮影できるのか?
おそらく、まあ、結果もそうだったのだけれど、超解像ズームのオンパレード。
それでも遠い被写体に、画像をクロップせにゃ絵にならない、となると
WEB観賞用の画像として使える写真が撮れるのか?
Photoshopで補正できる範疇に収まるのか?
などなど、走る実験室ならぬ、撮す実験室な来園なのでありました。

e0123825_01420966.jpg

まあ〜〜35mm換算400ミリなズームレンズを装着した家人のデジイチは
予想通り晴天な明るい日中で、その威力を発揮してヨロシイ構図な写真を量産しますねぇ。
どういう視点で動物を捉えてるのか、近距離から遠距離まで、
彼女のセンスがいかんなく発揮できるのは、このレンズにして良かったかなぁ、と。
ボデイを含めデジイチ一式をいれたリュックは結構重いです。

ワタクシは、X30と35mm固着なX-M1なので、ノウミソと同じく軽い軽い。
適材適所の機材をきちんと使うのが王道ですが、
限られた機材でとことん追求してみるのも、醍醐味ですから
それなりに楽しみました。

やはり、人気な動物のところには大砲を装着した写真家が集結しておりまして
イイ感じになるタイミングを狙って
まあ、こういう言い回しはしたくないけど、専有しちゃって、動かないわけです。
数人のお仲間と思しき1団が、狭い観察窓に張り付くと
まあ、ワタクシたちも撮影目的ですけど、普通に観察できないわけでして
撮影目的でない観察しに来た来園者と同じく、
かわりばんこに観察していくように撮影している
ワタクシら夫婦はには違和感たっぷりでありました。

e0123825_01420494.jpg

とはいえ、なんだかんだと、楽しんだわけですが
このところ、お疲れで気持ちも低空飛行でパッチワークの作品作りの手が止まっていた家人
デジイチを手にして、イロイロ写真が撮れることの楽しさで、
だいぶ元気を取り戻した感じでありまして、
まあ、良かったかな、と。

で、やっぱり、ワタクシにも長いやつがあったほうがいい、よねw





[PR]

by jake490 | 2017-02-25 23:41 | 写真、カメラ


<< 2017 CP+        PENTAX K-5Ⅱsといふ... >>